2011年11月30日水曜日

甘えん坊主・黒猫ジップくん近況。

7月半ばに散歩に付いて来た黒子猫・ジップくん。

9月の半ばにご家族を得て、最初からお家に馴染んで
駆け回ってると連絡をもらっていました。

そのお家には、以前に可愛い黒猫ちゃんがいて
まだ若くして予想もしない悪性腫瘍で見送られたとのこと。


ご家族にお目にかかった時に
「どうしても黒猫さんに目が行ってしまう。」と仰ってました。




ジップ、寂しがりの甘えん坊で
ご家族みんなが大好き。
べた〜〜〜〜ってくっ付いてるそうです。

                  imoko

小豆の寝床が

小豆の寝床が
<小豆くんは凛ちゃん宅の飼猫です。>



ぼくの



可愛いからいっか(^o^)




実ちゃん 

2011年11月29日火曜日

犠牲になっている動物のために。

今日の毎日新聞掲載の
↑毛皮のこと、実験動物や畜産動物のことに触れておられます。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

この秋、流行の羊の皮のブーツの偽物が出回って
タヌキの皮を生きたまま剥いだものである事が判り問題になりました。

ラビットファーなどと表示されていても、一部は犬猫だったり
毛皮を剥がれる動物たちの扱いが余りにもひどかったり

このブログで惨い画像などを紹介したくなかったので
お知らせをして来なかったのだけど…

(↑ 閲覧注意:他のページに進むと惨い画像もあります)

知っていたら買い求めないと思うし、買う人がいなかったら
無駄に殺される事も減る…先ず知って貰いたい。

あまり人の意識が向いていない(と思われる)ダウンも…

imokoも知らない時代に、ダウンは着てましたし
襟にラビットファーの付いてる上着も持ってます。
もう今後は買わない。今あるものは擦り切れるまで大切にします。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

食べ物として頂いている動物を育てる畜産にも多くの問題があります。

コストを優先に、狭い畜舎に押し込めストレスを与えたり
それゆえ、多くの化学物質を与える工場のような畜舎も多い。

せめて命を頂く、その時までは
快適性に配慮した飼育管理をしてもらいたい。

<↑アニマルライツを論じる記事ではないので
 ここで、肉食がどうこういう意味で紹介したのではありません>

多くの人たちにとって身近な動物ではないけれど
犬や猫と同じ様に、肉体的にも精神的にも痛みを感じる動物たち
実験動物であれ、畜産動物であれ
犠牲になる動物たちが減る様に、苦痛が軽くなるように、
無駄に殺される事がないように…
動物福祉の向上を望みます。

そのためには多くの方にパブコメについて考えて欲しい。

                  imoko

昨日書いた記事の9割が消失…投稿の時間と公開が大きくズレました。

つばめごろごろ。

ricoさんに急な用事ができて
一昨日から「つばめ」を預かってます。

video

すりすり、ごろんごろん。
相変わらずの甘えん坊なのだ。

気付いたら胸のところに来て
ボタンを噛み噛み、ちゅうちゅう
大きくなったのにね。

                  imoko

2011年11月27日日曜日

パブリックコメントにアタマなやます…。

ここ数日、どうやって書いたら良いのかわからない…という
メールいくつか頂いてます。

わたしの資料提供も遅くて、毎日なんやかやと用事が入り
今日みようと思ってたふりぺさんのUSTREAM中継も見られてない…。

中身を確認せずにご紹介するの無責任ですが
いまからまた用事もあり、みてから紹介すると明日になる〜。



FreePetsさんのパブリックコメント解説11/27
ご覧になってください〜。

                  imoko

つばめのお引越し

ずっと imokoさんがお世話をしていた つばめ君

昨日 imokoさん家からricoん家へ

お引っ越し(^O)=3

つばめの足で 跳び上がれる高さに 2階 3階 4階と組み立て…

おぉ 4階建ができちゃった (ノ゜O゜)ノ

つばめ 上手に上がります(゜▽゜)


昨日 うちに来た時は ケージの奥でキュ〜ッて縮こまるかなと思ってたけど

imokoさんのお世話で心を開いた つばめ

ケージに手を入れて近づけると グルグルグルグル
私の手に お顔をスリスリ
うひょ〜 可愛いでないかい(o^-^o)

撫でてると ゴロンゴロンと お腹も出します



おしっこは 敷物の上に
んっ? ちょっと出たのかな?って感じ

でも トイレでもしています

うんちは トイレの外に 小っちゃいのがコロン

つばめのお尻を見たら プク〜ッと膨れていたので

これは うんちが溜まっているな

テイッシュで うんち穴の回りを ムニュムニュと触っていたら

いい うんちが出てきましたよ (^_^)

つばめの好きなご飯がわかったので

せっせせっせと食べさせている ricoですo(^-^)o

rico

2011年11月26日土曜日

彩とボールとO助。

夕方の散歩はたくさん一緒。
彩ちゃんO助、ビクトリアちゃお。
子どもスタッフの奈央ちゃん、Maryさんとimoko
時間が早めだからか、松林ほぼ貸し切り状態。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

O助:彩ちゃん、そのボールちょうだい。
彩:コレは私のん〜!
video


O助:あそぼ〜、あそぼ〜。
video

彩ちゃん何やねん、そのあし…。
video

因に…imokoは、動画を撮るから喋ってる訳ではありません。
奈央ちゃんに話してるだけだからね。
一人で、お喋りしてたら恥ずかしいもん。


Maryさんのオヤツタイムには
彩ちゃんも含めみんな集合します。


誰か来ました。
まずは、凛ちゃんママが、凛ちゃんとすずを連れて…
その後、ウエスティ3匹。

彩ちゃん傍に行きたくて…。
video


最後に並べて撮ってみた。
右から、彩ちゃん、ビクトリア、O助、すずちゃん、奥が凛ちゃん。

                    imoko

2011年11月25日金曜日

アスパラくん&ミントちゃん。

ご家族と近所にお住まいの、お祖父さま&お祖母さまも
みんな猫大好きのお家に2匹一緒に迎えて頂きました〜。

アスパラくんは、どこでも誰でもOK~!の猫ちゃん
初日から、猫じゃらしで遊ぶ遊ぶ。


ちょっとシャイなミントちゃんは最初
キノコ型のお家に隠れてましたけど…。


時にはゴミ箱に入ってみたり…。



日々少しずつ出て来て、遊んでもらえるようになったそうです。


よく食べ、よく遊び、元気いっぱい。


今日頂いた写メは、自分から紙袋に入った図↓


アスパラくんは、されるがまま…。


お姉ちゃんのメールにあった
「アスパラさんの便が臭すぎて、鼻がもげそうです…。」
というのに反応して
 
ricoさん
「そうなの、アスパラのうんちは鼻がもげそうなくらい臭いの(>_<)」

imokoさんは
「うちの保護猫で一番は、だんとつ…マイコだった。」とか言うし

凛ママまで
「そうだった!そうだった!いるよね可愛い顔なのにウンコ臭い子(>_<)」

そう言われて思い出したimokoが
「マイコは初対面の方にもべったりの甘えん坊だから、猫カフェcalmさんからオファー頂いたけど、ウンチの余りのくささに遠慮したんだ…。」
と言い始める始末。


再び、アスパラミントお姉ちゃんから
「寝っ転がって携帯をプチプチしてると必ずと言っていいくらい
 アスパラさんが顔面寸前まで突進してきます…スリスリ可愛いです
 ミントさんビー玉で1人遊び中です!」
メンバーが臭い話しで盛り上がる中
ミントさんアスパラさんは幸せに盛り上がるのであった!?

…という訳で、正式譲渡です、よろしくお願い致します。m(__)m

                *****(とくめい)

あさ〜!

すずちゃんが数日前から、凛ママ宅に移動しました。
朝の散歩は彩ちゃん、O助と、ちゃおの3匹です。


最初はO助くんを抱っこしてたんだけど
既に6kgになり、片手で抱っこがツラくなりました。
2回目のワクチンまで数日、ほんとは
土の上に降ろすのは望ましくないのだけど…
ちょっと目をつぶってください。


一日中たのしそうなO助くん散歩は大好き。
今朝も1歳未満の柴犬のお姉ちゃんを見つけて
「あそぼ♪あそぼ♪」って誘ってました。

人見知りのまるでナイ、活発で賢いO助くんです。


脚先の白いのと…
鼻先が白いのが、ちゃーむポイント(^^)ってことで。


相手が大きな犬でも、物怖じもありません。
アタマもとても良さそう。



O助くん♂3ヶ月くらい
ノミ・ダニ駆除済
検便済
検診異常なし
6種ワクチン接種1回(来週2回め予定)

                  imoko

2011年11月24日木曜日

動物実験について。

動物愛護法の改正のパブコメ
ちょいっと項目をとばして「実験動物の取扱い」について

そもそも普通の暮らしの中では「動物実験」なんてことに
意識を向けずに暮していると思います、たぶん私も。

医学の進歩のために貢献してくれてるんだろうか…とか
そのくらいに思って居られるかも知れません。
でも暮らしに身近な物品にも
動物たちが実験に使われている事を知って下さい。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

実験をする側の意見、実験を廃止したい側の意見
読めば読むほどわからないもの。

正直なところ、動物実験が「役に立つ」のか「意味が無い」のか
わたしには判断付きかねます。

本当に正確なデータを出すにはヒトで試したい、でも
それは「決して、やってはイケナイこと」
だから「ほ乳類を使おう」ということなのだと思います。

同じほ乳類でも、例えば犬と猫でも違うところが大きい
「動物実験なんて、役に立たない」なら、即刻廃止して欲しい。


でも「役に立つ」としても、無駄な実験は削るのは当然
実験動物の苦痛を最低限にして欲しい。
どうしても必要な実験であれば、実験させていただくのに
やはり「やってはイケナイこと」あると思います。

そして密室でこっそりでなく、情報公開が必須と考えます。

まだ資料を読み進みながらの紹介ですが、imokoが
読んで理解するころには、〆切が近づいてるか
過ぎてるかも知れない…。(;^_^A アセアセ・・・


それと
camomilegingerのブログ
動物愛護法改正:実験動物の福祉 も是非読んでみてください。

みんなで一緒に学びながら、是非パブコメを書いてみて下さい。
でもわからなくて、意見書けなくても
判る場所だけ一項目でもいいから是非提出を!

                 imoko

2011年11月23日水曜日

いいなぁ、ととろ。

ととろ:うでまくらだ。
    めっちゃ可愛いお姉ちゃん独り占めだ。いいだろ〜!
    


((〃 ̄ー ̄〃)) ふふふ

                  imoko

保護猫ライル氏

メンバーのYoshikoさんのお家から うちにやって来た

長毛の黒猫 ライル君

昨日 ワクチンしてもらいに やっとこさ病院に連れて行けました(-.-;)

というのは…

ライルは とても怖がりやさんなので普段は 近づくと逃げます

どうにかネットに入れて連れて行くことができました


ライルは 怖がりだけど甘えん坊なので

ソファに座っていると 自分から横にピタッとくっついてきます

ブラッシングしてもらうのが大好きで 何十分でもじっとしています

他の保護猫さんとケンカしたことがありません

子猫を舐めてあげたり遊んであげたりする

とても 優しい性格です(^_^)

いつかは ライルに 安住のお家を見つけてあげたいです(^_^)

rico

番外編うちのちま

ちょっと 暗い写真ですが
うちの ちま です(^_^)


人が入った後の お風呂場が好きで

必ず入って ペロペロ水を舐めますf^_^;

ほんわか温かいのが 好きなのかなぁ

浴槽には滅多に入らないのに

あれっ ちまがいないって身体を乗り出して覗いたら
浴槽に ちょこんと座っていました

可愛かったので

パチリ (^_-)-☆

rico

可愛い愛(まな)ちゃん&おとぼけ楽(らく)くん。

愛ちゃん、楽くんを迎えて下さったご家族
最初は愛ちゃんだけのお問い合わせだったんです。

お姉ちゃん曰く

「ラクくん全然眼中になかったんですが
 最初にみた時にハートを鷲掴みされちゃいました。
 結果的にマナちゃんとのコンビはほんとに最強…(略)


そんなお知らせについてた
「ラクくんのお笑い画像と珍しく可愛く撮れたマナちゃんの画像」


楽く〜ん、舌が冷えちゃうよ!


                    imoko

2011年11月22日火曜日

シフォにゃ〜〜〜

シフォにゃ

お腹が空いたら

ニャッニャッ ご飯ちょうだいって 知らせてくれます

しばらく 食欲がなくて 心配してましたが

食べてくれるようになりました(^_^)

子猫が食べないというのは命取りになるので

少し神経質になっていました(:_;)

食べるようになったら 元気さが伝わってきましたo(^-^)o

ノアおばぁちゃんと一緒にご飯です(^_^)


rico

*シフォンくん、20日に対面を済ませ内定しています。
 お届けはまだ決まっていません。imoko

そーす改め“ASHLEY DEXTER”

お試しの最初から物怖じせずにお家の中を探索して
先住のお姉ちゃんMEOWMEOWちゃんに
近づいて様子をうかがったり…のソースくんでした。

1週間も経つと、すっかり余裕の表情ですよ↓

可愛い首輪も付けていただいてますね。
リンリン言わせながら駆け回っているのだろうなぁ。



初日は、新入りソースをみて唸っていた
MEOWMEOWお姉ちゃん、だいぶ慣れて来て
今は怒らなくなってくれたそうです。


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

そうそうタイトルにも書いたように
そーすは“ASHLEY DEXTER”になりました。imokoは英語
話せないのでカタカナ読みで「アッシュリーくん」って読みます。


アッシュリー:ねぇねぇ、お姉ちゃん。あそぶ?あそぶ?


アッシュリー:こ〜んな風にみると、お姉ちゃんも逆さま。


アッシュリー:お姉ちゃん寝ちゃった〜?

ミャオミャオちゃんも、アッシュリーくんの動きを目で追って
眺めていてくれるそうなので、将来、一緒に寄り添ったり
そんな光景を見られるのではないか…とママは感じてるそうです。

ミャオミャオちゃんは、子猫の時に、お家の前に突然現れ
ママがヤギミルクで育てられたのだそうです。
生まれつきからだが弱くて、幼いころには皮下輸液に
通った時期もあったそうですが、今は身体の調子は良いとのこと
とても大人しい猫さんみたい。



アッシュリー デクスター:ボクのお家とお姉ちゃんだよ!!!


正式譲渡になりました。よろしくお願い致します。
うどん&こむぎお姉ちゃん安心してね。

                  imoko

意外な仲良しコンビ。>とと蘭丸

5日に高槻で行われた動物愛護フェスタ
蘭丸くんをご覧になって気に入って下さった若いご夫妻。
もう1匹はシフォンくんがいいなと仰ってたけど…

ととくんがママに惚れちゃった!?

少し前に「ととくん」一度お試しに行っていましたが
見送られた猫ちゃんが未だ忘れられなかった
お母さんが、こゝろの整理がつかず迷われたこともあり
仕切りなおそうと…「ととくん」は、こちらに引取ってました。

もともと遠慮がちな「ととくん」初対面のお客様の前には
顔を見せないのが普通でした。
だけど、蘭丸くんに会いに来られたママのところに
「ととくん」自分から出て来ました。

でっかい愛らしい「ととくん」どの子も可愛いと迷われたけれど
「ととくん&蘭丸くん」でお試しをスタート下さいました。



ととくん&蘭丸くんのお試しの様子は…
初日からブログを立ち上げて下さってるので
こちらでご覧下さい。


あの遠慮がちシャイな「ととくん」
最初っから甘えてるし〜♪

…ということで
ママから「もう私たちの大事な家族です。」と
仰って頂きました。

ととくんととくんととくん蘭丸くん良かったね。
正式譲渡です。

                  imoko

2011年11月21日月曜日

多頭飼育、わたしたちも肝に命じて…。

いま環境省で募集されている↓

「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)に対する意見の募集(パブリックコメント)について

1項目が「虐待の防止」
2項目が「多頭飼育の適正化」となっています。

いったい何頭居たら多頭飼育なの?
現行法では「周辺の生活環境が損なわれている事態として…必要な措置を取るべきことを勧告」…云々とあるけれど…。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆


『多頭飼い崩壊』の1年前。(←2008年8月の記事です)
2008年6月16日、やむを得ず引き取った12匹の成猫
既に大人の猫たちに何とか、ご家族を得たいと考えて
このブログを始めることになったんです。

世間でゴミ屋敷と言われる様な、脚の踏み場の無い家の中に
人懐っこい猫たちは住んでいました。
買い物にも依存し、猫たちにも依存していた飼主は
「アニマルホーダー」の類でした。


不衛生で、狭い家の中に多くの猫と暮していて
猫たちの健康も損ねて居り医療にも掛かってもいない
その状態を劣悪な環境だとも解っていません。

自分には世話をしきれない事も認められず
一度12匹の猫を引き取った後に
「これ以降は猫を家に入れない」と約束をしたにも関らず
彼女が拾って来た猫を、その後20匹近く
レスキューするはめになります。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

身体的にも精神的にも病気であった飼主
猫にしか救いを求められなかった
そんな病気と関っているケースもある多頭飼育。

かつては保護団体のメンバーであった方が
世話しきれなくなり、多頭飼育の問題に発展するケースさえあります。

日本全国で、もっと多くの動物(特に猫)を
飼育+繁殖しちゃってる現場があり問題が頻発しているのです。

各自治体まかせでなく、飼育の届出制+適正に飼育される事を
監視をすべきだし、その為の専門チームが必要だと感じます。

                   imoko

今日もおねむ姿

今日は 寒いですねぇ

皆様 温かくしてらっしゃいますか?(^_^)

猫しゃんたち おこたから出てこないぞ

エアコンの暖かい風が当たるベッドで ぬくぬくしてるぞ

今日も シフォにゃの可愛い寝姿を

プレゼントにゃ o(^-^)o


シフォにゃを 可愛い可愛い と言って下さる方が 沢山いらっしゃるので

とっても 嬉しいO(≧∇≦)o

シフォにゃの幸せを 祈ってくだしゃいな(^人^)

rico

咲ちゃん、嬉しい毎日。

咲ちゃん、優しく見守って頂けるご家族を得て1ヶ月余りが経ちました。


お母さんを、本当のお母さんのように慕って甘えてると聞きます。

そして、先住犬の「らーらちゃん」が優しくて
咲ちゃんに、のんびりと接してくれているそうです。

 ↑らーらちゃん自身が12年前に保護されたワンちゃん
環境が変わってもストレスをためない得な性格なのだそうです。
きっとご家族のこゝろ配りがあって、そうなっているのでしょう。


咲ちゃんは散歩が大好きで、散歩コースの堤防がお気に入り。
お友だちワンちゃんも沢山できたそうです。


犬舎にいるころは、ストレスのためか身体を掻くことが多く
皮膚も赤みがあったのですが、今は毎週イソジンシャンプーで
清潔にしてもらって、随分柔らかくフワフワの毛が生えそろって
益々可愛らしい咲ちゃん。

咲ちゃんのママは
「さきちゃんはかわいいのに、いい写真が撮れません。」
それだけが悩みなのだとか…(='m')



本当は、もっともっと可愛いそうです…。
正式譲渡です、よろしくお願い致します。m(__)m

                   imoko

動物愛護フェスタの結果と、わんぱく「O助」

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

11月5日の動物愛護フェスタから2週間経過。

フェスタでの出会いで
子猫・ソースはただいまお試し中。
子猫・シフォンは20日にお見合いをしました。

子猫・蘭丸と3歳ととくんは2匹一緒にお試しを頂き
お試し期間を終えようとしています。結果は近日中に。

子猫ミントとアスパラは
いつでも里親経由でお話を頂いたご家族に只今お試し中。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

フェスタに参加をした犬たち
すずちゃん、実ちゃんには出会いはなく
引き続き、良いご縁を待ちたいと思います。

近所のドッグトレーナーさんたちと一緒に
フェスタに参加した犬たちにも
迎えて下さるご家族の名乗りはありませんでした。
「はぴねすDOG」(ブログ)もよろしくね!

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

おまけ:冬支度に毛布を出した。
風呂敷で毛布を8枚包んでおいたら…その上に陣取ってる「きなクン」
「ゴンちゃん」も一緒に乗りたそう〜。


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

15日に引取した小犬さん

散歩で出会う可愛い姉弟の弟くんの名をもらって
「“英良くん”って付けようか〜?」って訊ねたら
「“エイすけ”じゃなくて“オーすけ”がいい」って事に。


「“おーすけ”ってボクのことか〜('ε') フーン」と
言ったかどうかはわかんない。


犬舎から裏庭から駆け回り、あやちゃん、すずちゃんとも
ビクトリアにも引けを取らず遊ぶツワモノです。
2ヶ月半くらい?

ボクも家族募集中だよ!っと〜。

                 imoko

2011年11月20日日曜日

シフォンくっついて寝んね

シフォにゃは

人が 大好き

猫さんも 大好き

今まで うちに来た猫しゃんの中でも

とびっきりの 甘えん坊さん (^-^)


まだまだ 片手の掌の中におさまる大きさ

掌の中で ずっと寝ます

ソファに座ってると 体をピタ〜ッとくっつけて寝ます

私が場所を変えると ミャミャミャミャと鳴いて 追いかけてきます

それぐらい 人が大好き

シフォにゃを いっぱいいっぱい 好き好きしてくれる人の所へ

行けるといいね o(^-^)o


rico

シフォン♂3ヶ月弱
11月19日現在 体重1kg

2011年11月19日土曜日

ぽぷらちゃん、その後

10月10日にブログにアップした

毛が抜けた状態で見つけられ、保護を迷ったけれど
放っておけないと保護されて、治療を頑張られて
迎えて下さる家族も見つかったそうです。

↑ブログです。


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

猫を保護するって簡単だけど簡単じゃない。
幼子でも何らかの病気を隠し持ってることもある。

大人の野良さんなら家猫に適さなければ
何年も夜鳴きするかも知れない。
一生トイレを覚えない子だっている。

1匹入れたことで、家中の猫が険悪になることもある。
譲渡先が見つからなかったら、一生うちに居る。

色々考えて、それでも「幸せにしたい」気持が勝ち
ぽぷらちゃんを幸せに導かれた
miさんに「ありがとうございます。」

ぽぷらちゃん、いい方に見つけてもらって…猫徳があったのかな。

                  imoko

虐待ってなんだろう?

★あにまるライフ豊中★から送り出し
京都で大切に育てて頂いた「チャコちゃん」
10月29日に、天に昇りました…。

お知らせのあった次の日に犬舎に届いた荷物の中には
数々のサプリメント、栄養を付けようと与えて下さったヤギミルク
介護に使われたであろうシートとウェットティッシュなどなど。
最期の日々を手間をかけ大切にしていただいたことを物語っていました。

既に大人の犬を家族に迎えてもらい、懐くまでに数年。
遠吠えもしたり、困ったこともあったのだけれど
「チャコが、言う事をわかってくれるようになった」と
昨年の近況報告にあったのを嬉しく読んだ…次の年に。

★あにまるライフ豊中★の犬舎に保護当時のチャコちゃん

チャコちゃんは、★あにまるライフ豊中★に引き取る前には
兵庫県の某所に閉じ込められていた子でした。

相談窓口がimokoではないので、記憶も定かではないですが
チャコちゃんは、荷物がいっぱい入ったガレージで
暮して居り、ご飯だけ与えられていた状況でした。

チャコちゃんも幼い時は望まれて家族になったのであろう、
かつては散歩もしてもらったのだろう…でもその当時は
毎日がガレージの中でした。

繋ぎっぱなしの毎日だったのだけど…
家族に関心を持たれずに過ごしている間に
ある日、小犬が生まれていたらしい。
1匹でも世話する時間もなく、増えたらなおさら。

やせ細ってはいなかった、人を怖がる事もなかった
散歩の仕方も忘れてはいなかった。
譲渡され、環境の変化にとまどうことはあったけれど
チャコちゃんの一生の後半分は、愛情に包まれた。

*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○


「近所の犬が誰も散歩に行かずに、ウンチが周りにコロコロしてる。
 夏は直射日光の照りつける、暑い場所に置かれている。」

「庭にいる飼犬が、日頃から家族に殴られているのを見かける。
 引き取って里親探しをして欲しい。」

これまでの活動の中で、犬好きな方からの相談は相当数ある。
目を覆う様な環境から救い出された犬たちの引取もかなりある。

でも、周囲からは明らかに虐待と見られている現場でも
飼主がそう捉えていない場合、指導が入っても改善がみられない。

虐待を相談する窓口も明確でなく、虐待の判断をだれが行うかも
決められていない現状では、どこに訴えたところで
飼主から引き離すこともできず、歯噛みすることが多い。

環境省から自治体担当者への通達〔平成22年2月5日〕

の中には、上の例に該当するものがあります。
ですが、警察の担当者に法の周知がされていないこと
結局は、だれが判断するのか、飼主から引き離す権限のことなど
決められておらず、実際に引取へと動いてくれることは稀です。

*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○


みなさんも、身の回りの動物たちの取り扱われ方
虐待を含め考えてみてください。
パブコメを書くことは目標でも良いです。

コレが、きっかけとなり勉強して下さることも嬉しい。

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

dog actually さんサイトより5つ挙げます。
 ↓クリックするとリンク開きます。




★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

                  imoko

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター