2012年11月9日金曜日

シニアの新入りの面々+「みよちゃん」

10月末に、imoko猫部屋に猫が4匹増えました。

ご近所で犬の散歩で毎朝お目に掛かっていて、
これまで、TNR活動、猫の保護に付いても、
支えて頂いていたご家族がありました。

そのお家で、事情があり猫と暮すことができなくなりました。
以前住んで居られたお家の周りに、元は外で暮らして居た猫たち
その方を慕って庭に現れ、懐いて家に居れてもらった8匹の内の4匹。

どの子もシニアの域に入る年ごろ。
ご家族は、この子たちの安楽死も考えたけれど…と。

暫く、暫く、少し長い暫くの預りになります。


↑ 少し神経質な「ちびちゃん♀」最初5日は、毛布の下に隠れ切ってしまい
まるで居ないかのようでした。


↑ キジトラの「まるくん♂」ケージの中に入れたキャリーに
ずっと隠っていましたが、今日9日、初めて食べている姿を見ました。


↑ キジトラの「いそくん♂」愛想良しのおじいちゃん。
脚の付け根にヘルニアあり、ぽよぽよしています。
いそクンの名前は「いそうろう」から付いたそうです。


三毛猫の「くりちゃん♀」
初日からケージの見えるところに居て、元々猫部屋に居た子の方が
怖がってシャーとかヴーとか唸るのですが、平気です。

video

くりちゃんの紹介は、ちひろちゃん、幸奈ちゃん、菜々恵ちゃん。
初対面から馴染んで、甘えていますねー。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

大人の猫は、移動が負担に成る子が多いです。
以前、多頭飼い崩壊の12匹を移動した時も、3日くらい
ご飯を食べられない子、排泄を我慢する子、心配でした。

2匹ずつをケージに入れていますが
ちびちゃん&いそクンのケージでは、ちびちゃんが2日トイレに隠ってしまい
いそくんが、猫ハウスをトイレ代わりに使っていたことに気付いたのは、
まる一日の排泄を終えたあとでした。
クチャイ(*´y`*)σ ⌒ ξ~

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

狭い狭い猫部屋に成猫が4匹増えた事で
周りの猫が色めき立って、戦々恐々。
めったにないスプレーが、一日3〜4回あったり
もうメチャクチャ臭くて、拭き掃除、洗濯の日々です。


↑ 犯人(猫)のほとんどはコイツだ!
ストレスが掛かるとスプレーするのだから
コイツだけど、コイツのせいじゃないや。可哀想だ…。

保護部屋マックスいっぱいいっぱいです。
お世話の無理だけじゃなくて、保護猫たちに無理が掛かっています。


穏やかに住める様に何とか工夫したいと思います。
そして自分の限界だけじゃなく、部屋の収容数の限界もちゃんと考えなくちゃ。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

きょうの画像も6年生が撮ってくれました。

おまけ:みよちゃん、猫部屋の野良猫の「みよちゃん」
触れない、撫でられない子でしたが…。


子どもたち、いつのまにか、首輪付けてるし撫でてます。
「ももちゃん」は、腎不全で弱ったことが切っ掛けで抱っこできますけれど
姉妹の「みよちゃん」もいつのまにか、少しずつ変わって来ています。

video


                      imoko



0 件のコメント:

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター