2014年12月28日日曜日

虹の橋へ>ハッピー


昨日の朝から パパと一緒に過ごしていた ハッピー

今日 夜中の2時前に 吐血したと お知らせのメールがきて

朝 私が目を覚まして 急いで携帯を見ると

4時10分 眠るように安らかに逝ったと メールがきていました

私の右腕には いつも 娘の部屋で寝ている白猫の ちま が

朝方 私のお布団に入ってきたのを うっすら覚えてて

なんで ちまが 入ってきたんだろうって 不思議でした

布団の中で 涙が溢れて ずっと泣きました

ハッピーが 私が哀しんで泣くと思い  ちまを寄越してくれたのかなと 思いました

犬の散歩をしている時も
涙が溢れて いっぱい泣きました

imokoさんは 連日の疲れから 身体中が痛み 動けなくなってしまいました

色々な事情のあるハッピーのことを 自分のわんちゃんのように大切にして お世話してきた imokoさんでしたm(_ _)m

さっき ハッピーに会ってきました

穏やかで なんてきれいなお顔

耳血腫で垂れていた左耳が
ピンって立っていました

ハッピー ありがとう

またね… (*´ー`*)

r i c o 

2014年12月27日土曜日

今日は…>ちゃおへ

やぁ  ちゃお

今朝は 君を思い出しながら  てんてんと 散歩道を歩いたよ

一緒に着いてきたかい?



今日は  君が 虹の橋に行ってから  ちょうど一年

一年前の半年間は なんと
楽しい毎日だっただろう(*´ω`*)

なぜか  毎日毎日 うちに避暑に来たね

朝  散歩から帰ってくると うちの前で止まって動かなくなってしまい
ママに うちの門の中に入れてもらって

君が ふぉん ふぉん鳴くと
私が 部屋から下りて行き
玄関に入れてあげる

うちの玄関は ひんやり涼しかったら 気に入ってくれたの?

夏中 うちの玄関で 避暑したね(*^_^*)

私は 君との その時間が
なんと 大切な思い出になったことか



君が倒れてから ママは 全身全霊で介護したね

そのころ パパは 東京だったけど
君に会うために 次の日が仕事でも 帰ってきてくれたよね

君のことを 本当に愛してくれた パパとママだったね(*´ω`*)


散歩をしていると たまに 涙が出るくらい 君のことを思い出すことがあるよ

そういう時って 傍にいてくれてるの?

君の写真を見ていると 君を撫でた時の 毛の感触が蘇ってくるよ

お空から ずっと パパとママを 見守ってあげててね (*´ω`*)

じゃ また一緒に 散歩しようね(*^_^*)



☆ この散歩道の写真を撮った朝は ちゃおのことが思い浮かんで
ずっと涙が溢れて止まりませんでした。不思議でした。

r i c o 

2014年12月24日水曜日

いいお天気ねハッピー♪

薄雲がかかっているけど
いいお天気ね ハッピー♪(*^_^*)



お腹を冷やしたいから 夏用のお布団敷いて
毛布で 体の周りを囲んで

でも 寒そうだからと 一枚だけ掛けると 暑くなって 毛布をはね飛ばして 寝てるね

私 ちょっと 心配性なので!

いらんことして ごめんね(^人^)


10:58   お日様が当たってる玄関先で  お日向ぼっこ中です(*^_^*)


r i c o 

ちんまかった子犬たち、それぞれ幸せに。

10月に保健所で行われた譲渡会に参加していた子犬たち。

某保健所からの引取られた姉弟でした。

黒っぽい男の子は、ニンゲンのお兄ちゃんが2人できました。
名前は「クロくん」になりました。

リビングで育てて頂いているのですが、
クロくんがお家に来た日から、兄ちゃんたちは傍に布団を敷いて
一緒に暮らして下さっているのだそうです。



中学生のお兄ちゃんは、一生懸命いろいろな事を教えて下さっているそうです。



あの小さくて頼りなかったクロくんが、
耳もすっきり立って、身体も大きくなり、見違えるようになりました。



1回目のワクチン接種が6週齢で、11月15日
12月13日と3回のワクチン接種をして頂いてからのお散歩デビュー。
12月半ばには5kgくらいになったけれど
抱っこして外の世界を見せて下さっていたようです。
土を踏みしめて散歩できるまで、あと僅かですね!

*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○

白に茶色斑の女の子は「チェリーちゃん」と名付けられました。

譲渡会以降も軟便が続いた結果、脱肛していました。
下痢が治れば、肛門も落ち着くとは言われたものの、
代表Maryさんからお電話して、そのまま受け入れると仰って頂き、お願いをしました。



パパは、幼いころから犬と暮して来られた方。
幼いころは遊び相手だったそうです。

お風呂好きな犬と暮らしていたこともあり、
「お風呂に入る〜」と自ら湯船に入って来たと聞き驚きました。
その子は、処分されそうになった子を、お兄さんが連れ帰って来たのだそうです。

そんな犬とゆかりの深いパパ
ある日、通勤途中に迷子犬と遭遇したそうです。
声を掛けると、迷子犬に抱っこをせがまれたとか。
迷子のご家族が探して下さっていたので、無事お家に還ることができました。

その触れ合いから、また犬と暮らしたい気持ちが高まり、
チェリーちゃんとの出会いになりました。



ママは、犬と暮らしたいと思っていたけれど、
引越の頻繁なご家族だったので、犬を迎えることができず
今回、念願の犬との暮らしです。

編み物がご趣味のママは、一日中お家に居られます。
ふわふわとした優しい方で、 チェリーちゃんは甘え放題〜。



ぽんぽん放り出し、すっかり安心。

末永く宜しくお願い致します。

                       imoko

2014年12月23日火曜日

ながらスマホの散歩です。(^▽^;)>彩ちゃん

よく、こんな少年がいますねー。
ゲームの画面を見ながら、ただただ歩いてる散歩。

もう少し犬の行きたい所、楽しみたい場所を楽しませてあげればいいのにって思うけど。


彩ちゃんの場合、苦手な男性が、仲良くなろうと積極的に働きかけるよりは
傍にいるけど、視線も向けないのが吉!なのでしょう。

ちゃおパパとの散歩は、尻尾あがったままです。
興味があれば、引っ張っても行くし、匂い嗅ぎもしてます。


途中、柴犬の「しんちゃん」に会いました。
彩ちゃんの好き嫌いは、ビクトリアに学んでいるので、
柴好き、大好き!「しんちゃん、遊んで〜。」と近づく彩ちゃん。



ちなみに、ビクトリアはricoさん、
隣にちらっと見えてる「てんてん」はimokoと一緒でした。


                            imoko

2014年12月22日月曜日

ハッピー気持ちいい?(*^_^*)

食べ物を受け付けなくなった ハッピー

お散歩も ちょっと 表に出て おしっこを済ませると 帰ってきます



おしっこ行きたい 帰りたい
まだ ちゃんと教えてくれます(*^_^*)


今朝は 風が冷たいね

お家に入ったけど また出たいと立ち上がりドアまで行くので出すと
お水を飲んで ずっとこの場所で

私も一緒に(*^_^*)

ハッピー お尻が冷えるよ~(*^^*)



r i c o 

2014年12月21日日曜日

まだ冬支度の途中。

猫タワーを部屋の中央に移動しました。
…というのは、窓際が寒いから。

ごめんなさい。破られた障子を張り替える時間がとれず、
いま窓だけ。朝は、窓の結露がすごい。




部屋の温度はそこそこ温かい。(当家比)
これまでの冬は、障子と更に窓全体にカーテン掛けていたんですが、
何かと…そこまでできなくて。

今週中にやります!っと自分に発破をかける。(-。−;)





自分の衣類はセーター出してないのに、冬まっただ中。

                       imoko

ボクにいいものをありがとう。>地域猫ごんちゃん


昨日から、ボクのお部屋にベッドが登場したんだ。
夜は誰も使わないみたい〜いい感じ。


ごんちゃん&トラちゃんが使ってました。
imoko

青バラくんの転送先は。

11月28日以降、行方を眩ましておりました子が1匹いましたね。

実は、猫カフェcalmさんに「お預かりしてご家族募集をお手伝いしますよ。」って
仰って頂き、お言葉に甘え、お願いをする予定でした。

28日金曜日にはricoさんが動物病院にハッピーを連れて行く予定があり、
29日には、猫カフェcalmオーナーさんが同じ病院に通院する予定があり、
一晩入院ケージで預かってもらって受け渡しというズボラを目論みました。

猫カフェcalmオーナーさんには「猫転送装置」の演出で
カフェに青バラくん登場させてもらおうって思って…。
10月下旬頃から、Twitterなどで話題になっていたのです。

(*'ー'*)そんな目論みは、まったく消滅しました♪

*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○



病院で生まれた青バラくん、3ヶ月近く離れていた病院に帰ると
それまで警戒していた犬を怖がらなくなっていたそうです。

幼い時、この兄妹で全く犬に警戒がなかったのは、
ヒマワリ付き改めナナちゃんだけだったのに、久しぶりの青バラくんは
シェルティのナナちゃんに平気で近づいて行くことなどから

「2週間、お試し〜。」って先生に言われて、ちょっと驚く。

少し経つと、猫だれかと入れ替えたでしょ!と冗談半分で仰る。
そのくらい、人が変わった…じゃなく、猫が変わったらしい。

常に病院に居る、シェルティのナナちゃん
青バラくんのお尻を舐めてあげたり、青バラくんからも近づく。



診察室に居るお兄ちゃん猫のレオンくんとも仲良しになって追いかけっこ。

ただし、しなやかに跳躍するレオンくんに追いつく事はできなくて、
ベッドにも飛び乗れずズズズ…飛び降りるときは、ドスン。
ここでも、imoko家で育つと誰かに似て鈍臭くなるという伝説がよみがえったり。



診察室と続きのご自宅でゆったり過ごす10歳の「じゃい君」
レオンくんは、じゃいくんに飛びついては叱られてたらしいけど、
青バラくんは、のんびり寄り添うだけでチョッカイを掛けないから
じゃい兄ちゃんにも許されたらしい。

お客さんが来ると一瞬は隠れて、様子を伺うような怖がりだけれど、
行動のゆったりなところがパパのお気に入りになったようで、
無事にウチの子宣言。

名前は「リアンくん」フランス語で絆という意味だそうです。

シェルティの「ナナちゃん」に甘える「リアンくん」
ナナちゃんは2007年7月7日生まれ
リアンくんは2014年7月7日生まれ。

先生のご自宅には、
シェルティのナナちゃんの他に、ラフコリーのソロンくんが居ますが、
今日会わせたところ、リアンはソロンくんにも警戒しなかったそうです。



猫組:左から「じゃい君10歳♂」(←Yoshikoさん保護猫を迎えて頂いたそうです)
「リアン君5ヶ月半♂」(リアン君&レオン君★あにまるライフ豊中★から)
「レオンくん2012年4月23日生♂」



そんな訳で、リアン君はパパっ子として家族の仲間入りを果たしました。

七夕っ子の残り大福も仲良し兄ちゃんたち、素敵なお家をゲット。

                          imoko

2014年12月20日土曜日

七夕っ子:全キジ女の子+姉妹ナナちゃん。

約1ヶ月前、青バラ付きキジ白くん、赤バラ付きキジトラちゃん
兄妹2匹で、縦横無尽に駆け回っていました。


赤いバラを付けたキジトラは、
11月23日からお試しをお願いしていました。

パパもママも大の猫好き、ご実家では猫と暮らして居られました。
お嬢さんは、赤ちゃんの時から枕元にずっと
猫に寄り添って貰い、毛繕いしてもらって育ったそうです。
そうは言っても幼いころのでき事、お嬢さんの記憶にはないと仰っていました。


パパは青年の頃、車でコンビニに買物に行った時、店の前に猫ちゃんが居て
買物を済ませて出て来ると、パパに着いて来たそうです。
車のドアを開けると当然のように助手席に座り、
そのままパパが運転席に収まるとパパの膝の上に鎮座。
パパは、猫さんに選ばれちゃったそうです。その子も今は虹の橋のたもと。

待望の猫ちゃん「ネリエルちゃん」と名付けられました。



一昨日頂いた、膝の上で伸びてる写真です〜。↓ てへぺろ。



ネリエル(ネル)ちゃん、あったかお膝を見つけたね。
正式譲渡です。宜しくお願い致します。

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

さて、先に幸せ掴んだ、ヒマワリ付きキジ白改め

兄ちゃんの作ってくれる段ボールハウスは、今や3階建て!
まだまだ増築予定だそうです。

ナナちゃんの大邸宅、兄ちゃん大好き〜!




そうかと思えば、ナナちゃんに一目惚れだったパパは、こんなお家を作ってくれました。
紙ヒモをほどいて自作なさった猫ちぐら。

このお家も居心地がいいわね〜。
カミカミして歯磨きにもなるのよね〜(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ!



imoko “ナナちゃん、猫ちぐらを自分で改造しないようにしてよね。”

猫だったら、みんな欲しいなー。
ずっと拡張される段ボールハウスも、猫ちぐらも。

                            imoko

朝のお散歩はカートに乗って>ハッピー

今朝は imokoさんご主人とimokoさんが ハッピーのお散歩に行ってくださることに

うちの庭で 一回目のおしっこを済ませたハッピー

ご主人とimoko さんが来ても 散歩に行こうとしない

imokoさんが  歳をとると アスファルトの冷たさが 足にこたえるんだと言ってました

ちゃおが使っていた カートを出してきて ハッピーを(*^_^*)


冷たい風が吹いています

暖かい毛布を敷いて 着て
お散歩に行ってきま~す


自然の中のお散歩で ハッピーは 歩いて 楽しそうだったそうです(*^_^*)

よかったねぇ  ハッピー♪


r i c o

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

朝散歩のブログアップしようと思ったら、ricoさんが書いてた。

ハッピーここ数日、散歩に行ってもスグ戻ろうとするんです。
今朝も迎えに行くと、温かいお部屋に入ろうとricoさん玄関に頭を向けてました。


2日前だったか、歩いている時に、キャンキャンと悲鳴をあげて
以前の様に脊椎の痛みも出たかもしれない。


おじいちゃんになったハッピーには、懐かしい散歩道に辿り着くまでに
硬いアスファルトを数百mを歩くのがツライんだろうな〜。

とすれば、土の地面まで連れてっちゃえ!と

カートに乗ったら、キョロキョロと景色を眺めています。
もともと車好きなハッピーは、風景が流れて行くのが楽しいみたい。



松林に着くと、ゆっくりだけど、地面の匂いを嗅ぎながら、ちゃんと歩きます。
途中「おはよう〜♪」って声を掛けてもらえたよ。

3度ウンチして、2度オシッコして、ちゃんと片足あげてました。

video

150mくらい歩いたかな。ちょっと困った表情で訴える。
傍まで行ったら、しっぽを高くあげてフリフリ。
「もう疲れたから、車に乗るよ。」って。



食欲が低下しても、散歩では拾い食いしそうになるハッピー。
ピクニック弁当はおいしいんだよね〜って、外でオヤツをあげてみたけど
クンクン食べたい気持ちは伺えるけど、口にはしない。
本日のオヤツ:焼津かつお<厚削り>撃沈。(~ヘ~;)


食べられないのが悲しいけど、まだお散歩は好奇心がたっぷり。
カートの前の窓から一所懸命周りを見てましたよ。

これから、散歩はカートで行こうね。

                          imoko

2014年12月19日金曜日

もふもふミドルネーム?

11月末には正式譲渡になっていた仮名「もふもふ君」
遅れ遅ればせながら、お知らせです。

もふもふ君の初登場は7月でした。

仮の名前が付かないままでした。

この子だけ長毛で、他にはいなかったので、もふもふって呼んでいる内に
名前のようになって…とうとう、正式譲渡になって名前が
モフモフ・レオンくん! 

・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

10月27日に保健所で行われた譲渡会で
★あにまるライフ豊中★から譲渡が成立した唯一の猫です。


モフモフは、すぐ人に馴れそうな幼い時期(1ヶ月半)で保護されたけれど
抱っこできたら甘えるけれど、逃げ腰で、すぐ姿を隠していたので、
譲渡会の時にも、お家に慣れて甘えん坊になるまで長い目で見て欲しいと
ricoさんはお願いをしていたのです。



でもお試し飼育、ふたを開けてみると2日目の夜からは
スリスリと甘えるようになったそうです。

それも、かなりの甘えん坊で、要求鳴きが多くて
少々騒がしい…とか。
信じられないようなスピード順応で、本当に驚きました。



お試し期間満了の時には
甘えたい催促で、脚にしがみついたりしているとの報告でした。



パパに埋まって幸せな「モフモフ・レオンくん」です。
末永く宜しくお願い致します。<(_ _)>

                             imoko

やっとやっと…>てる君♪

またまた てる君♪の近況報告をさぼっていましたm(_ _)m

二週間前に 4.2kgだった てる君♪

今日       4.4kgに~ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

嬉しくないっ!
この体重は 嬉しくないよ~(≧∇≦)

でも てる君♪の この生命力と 成長を
先生と一緒に  しみじみと感動




長い間 沢山の方に 愛していただきました(*^_^*)

てる君♪ おかげさまで
胸骨は 現状維持のままです

毎日元気に 他の保護猫さんたちと遊んでいますε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

次の検診は 一ヶ月後
結果が良ければ  それで終わりです

涙が ちょちょぎれます(古い)

先生が 心配ですかって仰ったので 何かあったら すぐに来ますので
大丈夫です! と答えました(*^_^*)

てる君♪ 長い間 偉かったね

r i c o 

2014年12月18日木曜日

大好きな車に乗って>ハッピー

Yoshikoさんの車で 病院へ行くことになりました

病院に行く前に おしっこ と
うんちをしなきゃね


この前 病院へ行った時は
ハッピー座りって言っても
立ったまんま 外を見たりしてたけど

今日は 乗って暫くしたら
私の足に顔を置いて 寝ていました



ハッピー 腹水が溜まっているし 腫瘍も大きくなっています

腹水のせいで ご飯を食べられないし

顎の骨化が原因で 食べにくいのもあるかもしれないと 二週間効く 抗生剤を打ってもらいました


大好きなおやつを貰っても食べられませんでした

帰りも ほとんど 寝ていました

r i c o 

2014年12月17日水曜日

着替えたよ。>ハッピー



今日は冷えますねー。
大雪の降っている所もあるよう、みなさまお気をつけ下さい。


今、ricoさんから写メが来ました。
ハッピーもセーターになりました。

毎日、ricoさんは、ハッピーが何を食べてくれるか
お買い物に行って、色々買っては、食べない…。
気を取り直して、もう一品!と毎日がんばってくれてます。


先日、imokoは、生食(ローフード)を取り寄せたりもしました。
もともとの犬の食性は、肉を調理しないで食べるので、
加熱で失われる栄養素を摂取できるし、
動物性タンパクを消化するのが得意で、穀類は身体に負担を掛けることもあり
鹿肉、カンガルー、馬などなど、冷凍で販売しているところがあります。

マリさんからも鹿肉を頂いたみたいです。

鹿肉は一切れ、昨日ポークを試してもらいましたが、撃沈でした。
でも、サーモンは食べたとか〜。

今日は、グリーントライプ食べてみようね。
反芻動物の第四の胃だそうです。

牛だと、第一胃はミノ、第二胃はハチノス、続いてセンマイ、
ヒトの胃と同じ役割をするのが、赤センマイとかギアラとか言われるもの。
この第4胃だけが胃酸を分泌する本来の胃だそうです。

草食動物の胃を丸ごと食べる事で、植物の消化が苦手な肉食動物が
草食動物の消化器官にある微生物などが利用しやすくしてくれた
植物の栄養を取り入れることができるようです。(また聞き)

ラムのトライプの冷凍と、フリーズドライ、食べてくれるといいな。

                       imoko

*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○

15日から、imoko宅の保護の予定でしたが、
ハッピーは今、排泄が頻繁で、一日に何度も外出が必要です。
昨日は、ricoさんがお買い物に行っている間に、
娘さんの部屋まで自発的に散歩をして、排便をしていました。(→o←)ゞあちゃー

2世帯住宅の2階のimoko家では、夜はSECOMも掛かり無理がありそうで、
結局ricoさん任せとなっています。ごめんね。

2014年12月16日火曜日

猫みたいな子犬♂

茶色の姉弟子犬、女の子はお試し開始しました。
1匹だけになった男の子、今夜はimoko猫部屋におります。

メールからお問い合わせ下さった方々、
お返事が滞って居り、申し訳ありません。imoko私用のため、
メール窓口を一時閉鎖しておりました。今日から復活致します。<(_ _)>


この子は、保護中も保護子猫と一緒に遊んでいた子で、猫が大好き。


めちゃめちゃ甘えん坊で、部屋で正座してたら、自分から登って来てご機嫌です。
人も大好き。



ケージの中では、寝床には排泄せず、キチッとシーツにできました。
外に出ると、とにかく猫の傍に行って「あそぼあそぼ。」

七夕ママちゃんは、犬は平気ですが、
あそぼって迫られるのは、やっぱり嫌なようで
軽く「あっち行きなさい。」っていなされてました。 

黒猫ハニーからは、本格的に威嚇を受けて退散。



問題が1つ。
アンちゃんも、3週齢から、ちゃおと一緒だったので、犬は気にしないのですが、
子犬のパピーリフト(あそぼ♪って前脚で背中に「お手」される)…が嫌で
耳を水平に倒して固まっていたら、左後ろ脚の痙攣がでました。

アンちゃんの発作を誘発しては困るので、アンちゃんに行こうとしたら
しっかり保定して、落ち着くまで抱きしめました。
大人しくなったら、しっかり褒めて…を繰返したら、
しつこくアンちゃんを誘うことがなくなりました。

彼は、自分は猫だと思ってるみたい。
夜も、imokoの枕を半分占領して、顔をペロペロ…毛繕いしてくれてるのか。

                        imoko

☆アクセスカウンター☆

アクセスカウンター